北海道観光2泊3日おすすめモデルコース【車なし】2日目

北海道 小樽ライフスタイル

8:00 ホテルで温泉と朝ごはん『ONSEN RYOKAN 由縁札幌』

窓から見える植物園の緑がきれい

2日目はホテルの温泉と朝食でスタート

今回のホテル【OnsenRyokan由縁札幌】は

札幌駅から徒歩13分、北海道大学植物園に隣接した場所にある、開業一周年の新しいホテル。

このホテルの特徴は『登別カルルス天然温泉』の大浴場。石を主体とした暗めのインテリアがモダンなお風呂で朝から温泉が楽しめます。

少し早起きしての朝風呂に入り、さっぱりしてから朝ごはんをいただきます。

ホッケのひつまぶしと美しい和定食

【OnsenRyokan由縁札幌】の名物は『ホッケのひつまぶし』。朝食は和定食のみ用意されています。

うなぎではなく『ホッケのひつまぶし』というところが北海道らしくていいですね。

右上の蓋付き食器の『マスカルポーネ玉地蒸し蟹餡』がおいしかったです

北海道産の材料を使って丁寧に作られた、お作りと和食のおかず。

ドリンクバーは熱々のほうじ茶やフレーバーウォーター、コーヒー、ジュース、北海道牛乳、ソフトカツゲンが用意され、おいしくて大満足でした。

ONSEN RYOKAN 由縁 札幌 | ONSEN RYOKAN YUEN SAPPORO | UDS HOTELS | UDSグループホテル公式サイト

10:00 札幌駅から快速エアポートで小樽へ行こう

【OnsenRyokan由縁札幌】の美味しい朝ごはんでお腹いっぱいになったら小樽に行きましょう!

JR札幌駅から小樽駅行きは快速エアポートが早くて便利です。車窓から石狩湾が見えるのも旅情を誘います

小樽の町はコンパクトにスポットが点在しているので、レンタカーがなくても大丈夫。

小樽オルゴール堂

たくさんのオルゴールが展示されています

小樽に到着したらまず、『堺町通り』を散策しましょう。

潮風に吹かれて風鈴のきれいな音が町中に響いています。

町中にお土産屋さんが並び(コロナで閉まっているお店も多いです)カップルで遊びに来るとロマンチックな街です。

小樽オルゴール館でおみやげを買いました。小樽オルゴール館は明治45年に建てられた建築物。

ノスタルジックな雰囲気を感じる建物は、まさに小樽を象徴する建築物の1つです。

山小屋風の店内には数えきれないオルゴールが並んでいて、思わず手にとってオルゴールを鳴らしてみたくなります。

買うつもりはなかったはずなのに不思議に欲しくなってしまい、小樽の思い出の一つとしてオルゴールをお土産に買いました。

オルゴール専門店「オルゴール堂」
オルゴール専門店「オルゴール堂」の公式サイトです。小樽本館を拠点に、函館・富良野・鎌倉・京都など各地に店舗を構え、オルゴールの世界を提供しています。手作りオルゴール制作体験もお楽しみいただけます。

12:00【ランチ】小樽寿司屋通り『政寿司』北海道限定のネタをあじわう

せっかく小樽に来たならお昼は小樽寿司をいただきましょう。

ここは王道の小樽寿司通りにある有名店『政寿司』へ行きました。

職人さんが目の前で握ってくれるカウンターに案内され、

『ときしらず』『ニシン』など本州では食べたことのないネタのにぎりを食べました。

さすが小樽を代表する有名店。想像以上のおいしさでした!

職人さんが説明しながら握ってくれます

セットもありますが食べきれないので、お好みで好きなネタだけ食べました。

むらさき雲丹のにぎり

おたる 政寿司
おたる 政寿司

13:00【スイーツ】北海道限定の絶品チーズケーキ『ルタオ本店』

『政寿司』で絶品お寿司を食べたあとは、絶品の北海道スイーツを食べに行きましょう。

鐘の鳴る展望台が印象的な『ルタオ』の本店。

1階のお菓子売り場でお土産を購入したあとは、2階のティールームでケーキセットをいただきます。

『ルタオ』といえばドゥーブルフロマージュ

ドゥーブルフロマージュは、とろけるようなレアチーズケーキと、ベイクドチーズケーキが2層に重なったケーキです。

ひと口食べるとチーズと濃厚なミルクの風味が口の中に広がります。

今回は北海道でしか食べられないドゥーブルフロマージュメロン(期間限定)と紅茶のケーキセットをいただきました。

北海道を満喫できる絶品スイーツをぜひお楽しみ下さい。

スイーツ・お菓子の通販 お取り寄せならLeTAO | 小樽洋菓子舗ルタオ オンラインショップ
ルタオ(LeTAO) 公式通販サイト>チーズケーキの常識をかえたルタオのドゥーブルフロマージュなどお取り寄せ・ギフトに人気のチーズケーキ・スイーツ・チョコレートを北海道・小樽からお届けいたします。

14:00【観光】ニトリ美術館のステンドグラス 小樽運河の石造倉庫群 

絶品スイーツをいただいた後は、小樽の街を散策しましょう。

ニトリ美術館

小樽芸術村はご存知ニトリが運営する、歴史的建造物の美術館です

その中でも『ニトリ美術館』は美しいステンドグラスの展示が有名です。

入場するとすぐに、大きなステンドグラスの迫力と美しさに驚きます。

地下にはアール・ヌーヴォーやアールデコの美しい工芸品が展示されています。

ため息出そうな美しいガラス工芸品の数々です。

アール・ヌーヴォーやアールデコの時代が好きな方はぜひ行ってみて下さい!

似鳥美術館 旧北海道拓殖銀行小樽支店 | 小樽芸術村

小樽運河

小樽といえばこの景色。倉庫群が味わい深い風景です。

小樽駅からまっすぐ海の方面に徒歩で約13分の所にあります。

小樽運河の周囲には古い石造の倉庫が並んでいます。

倉庫内では食堂やレストランがあり、レトロな雰囲気の中で小樽の地ビールを飲むことができるのでぜひ訪れておきたいスポットです。

残念ながら今回は無理でしたが、次回訪れた時にはぜひ地ビールを味わいたい!

https://otaru.gr.jp/shop/otarucanal


17:00【夕食】鶏半身揚げ『若鶏時代 なると本店』

小樽観光の締めくくりの夕ご飯は、小樽ならではのお店を楽しみます。

若鶏時代なると本店は地元でも有名な定食屋さんです。

ここに来たら注文するものはこれしかない!

奥に見えるのは『揚げいももち』

名物の『若鳥半身揚げ』

外はカリカリ、中身はジューシーですごいボリュームです。

二人で一つを分けましたが、それでもお腹がいっぱいでした。

ざんぎも食べたかった

半身揚げだけでなく、他にもいろんなメニューがありました。

お腹いっぱいで無理でしたが、他のメニューも試してみたかった!

時期的に店内は比較的空いていましたが、地元の方がひっきりなしにテイクアウトで来店していました。

お腹いっぱいになったところで、札幌に帰ります。

店舗案内 │ 若鶏時代なると 本店

1日小樽で遊んだら、もうすっかり暗くなってしまいました。

もっと遊んでいたいけど、これからJRで札幌に帰ります。

小樽駅の正面

よかったら・・・押していただけるとうれしいです!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

コメント